柏木(7) 柏木 死す

p251 – 265
7.柏木、夕霧に告白、御事を託して死去する
 〈p36 あの柏木の衛門の督は、〉

 ①柏木、女三の宮出家と聞き病状悪化する。
  →出家までさせてしまったかとの罪の意識、もう逢瀬もできないとの絶望

 ②女宮(二の宮)のあはれにおぼえたまへば、、、、
  →今さら何を? 少しでも女二の宮を想う心があったのなら自制もきいたのではないか。
  →源氏に睨まれて逃げ帰ったのは実家(父大臣邸)、自立できてない男と言うべきか。

 ③柏木、死後の女二の宮のことを母北の方・弟たちに頼む。
  母北の方「いで、あなゆゆし。後れたてまつりては、いくばく世経べき身とて、、、、」
  →確か母北の方(頭中の正妻)が物語中発言するのはこの場面だけではなかったか。

 ④朱雀院の感想が挿入される。
  なかなか、この宮は行く先うすろやすく、まめやかなる後見まうけたまへり
  →朱雀院の正直な感想であろう。女三の宮を柏木に託しておけばよかったのに、、、。

 ⑤帝、柏木を権大納言に昇進させる。
  →柏木は幼少の帝に近しく仕えてきた。少しでも元気になって欲しいとの帝の想い。
  →こんな馬鹿なことさえしなければ柏木は世の重鎮であり得た!

 ⑥そして夕霧の登場。夕霧に遺言を託す。
  夕霧が病床の柏木を見舞った場面 = 国宝源氏物語絵巻 柏木(二)

  早うより、いささか隔てたまふことなう睦びかはしたまふ御仲なれば、
  →源氏と頭中との間柄とそっくりである。親友にしてライバル。

 ⑦柏木の夕霧への告白
  六条院にいささかなる事の違ひ目ありて、月ごろ、心の中に、かしこまり申すことなむはべりしを、いと本意なう、世の中心細う思ひなりて、病づきぬとおぼえはべしに、、、、
  →今際の口上。柏木の真情が吐露されている。
  
  夕霧 心の中に思ひあはすることどもあれど、さしてたしかにはえしも推しはからず
  →夕霧はどこまで真相を知っていたのであろうか。
  →女三の宮との危険な関係は感づいていたが若宮の父が柏木だとまでは思ってなかったのか。これも感づいていたとする方が妥当だろうか、、、。

 ⑧夕霧、何でそんなこと(源氏へのとりなし)もっと早く言ってくれなかったのか。
  →柏木が夕霧に一切を打ち明けていたら、、、これも面白かったかもしれません。

 ⑨柏木の遺言 一条にものしたまふ宮、事にふれてとぶらひきこえたまへ 
  →この一言が後の展開に大きな意味を持つことになる。

 ⑩柏木 死亡 泡の消え入るやうにて亡せたまひぬ
  →如何にも弱りきって息を引き取った感じ。
  →今まで女君死亡の描写は(桐壷更衣・葵の上・六条御息所・藤壷)いっぱいあったが男は初めてか。

 ⑪柏木の死を悲しむ人々
  →父頭中・母北の方には柏木が何で死んだのか訳が解らずただただショックだったろう。
  →女三の宮の心境は複雑だったろう。
  →肝心の源氏の想いは書かれていない。これも省筆の妙だろうか。

カテゴリー: 柏木 パーマリンク

柏木(7) 柏木 死す への2件のフィードバック

  1. 青玉 のコメント:

    若君誕生と前後して柏木の死。
    生と死、まことに柏木の死は憐れを伴います。

    いまわの際にはやはり女二の宮の事が気がかり、これは人間として当然のことでしょう。
    いくら夫婦仲がおもわしくなくてもやはり死を前にして共に暮らした人の幸せを願わない人間などいるはずがありません。

    帝の特別の計らいも功を成さずいよいよ臨終・・・
    一家の期待を一身に背負った期待の長男の早死。
    頭中始めその嘆きは察してあまりあります。

    夕霧との対面の場面泣かせます。
    真の親友ならば何故にもっと早く夕霧にすべてを打ち明け相談しなかったのでしょう。
    相談したとてどうなるものでもなかったかもしれませんが悔やまれます。
    せめて心の荷は少し軽くなったかもしれないのにと・・・

    瀕死の柏木を見舞う場面、そう言えば思い出しました。
    昨年の柏木(Ⅱ)源氏物語絵巻の場面。結構色鮮やかだった記録があります。
    この場面を早く読んでいたらもっと深く絵巻を感じ取れたでしょう。

    六条院にいささかなる事の違ひ目ありて・・・・
    源氏への取りなしと女二宮の事を夕霧に依頼する柏木の心情、涙を誘います。
    人の死の重さを感じると共に死をもってすべて許してあげたい心境になります。
    柏木という一人の男の死、大きな悲劇ですね。

    柏木の死に動揺して私の今日のコメントは思いのままに支離滅裂です。
    柏木、自らまいた種とは言えせつなさにやりきれません。

    • 清々爺 のコメント:

      ありがとうございます。

      柏木の死、物語とは言え動揺してしまいますよねぇ。何でそうまでしなきゃならなかったのか。どこかで自制が働けば死ぬことはなかったのに、、、。

      普通人間の私には妻がありながら女三の宮(妻の異母妹)に暴走し身の破滅を招き周囲の期待を裏切った柏木が理解できません(許せないというかイライラします)。頭と心の構造が違う異人種なんでしょうね。その点夕霧は自分に似たタイプで理解しやすいのですが。。
       
       →私には 頭中 - 夕霧 - 薫 この3人がよく似たタイプに思えます。本来真ん中に柏木が入れば親子三代の系譜になるのですがそうはならない。隔世遺伝でしょうかね。面白いもんです。 

コメントを残す